損をしないファクタリング業者の選び方を解説!よりよい条件で資金化するためには?

目次

  1. ファクタリング業者選びは慎重に
  2. 損をしないファクタリング業者の選び方
  3. 項目別に見る優良ファクタリング業者
  4. 手続きのスピード
  5. 手数料
  6. 買取金額
  7. まとめ


ファクタリングは、業者によって結果が大きく異なる資金調達手段といってよいでしょう。

つまり、どのファクタリング業者と付き合うかによってその後の資金計画に変動が出るほどその買取査定の結果は異なります。

ここでは、損をせずにより良い条件で売掛債権を資金化するためのファクタリング業者の選び方を解説していきます。


ファクタリング業者選びは慎重に

ファクタリング業者は、貸金業の許可など必要なく営業できることから昨今様々なタイプの業者が乱立傾向にあります。

むろん、全ての業者が優良業者というわけではありません。

多くの業者は出来る限り申込者の意に沿うような買取査定を行うように心がけていますが、中には査定の結果が非常に心許ないもので、現金化をしても手元に残る資金がほとんどなかった、というようなケースもあります。

そのためファクタリングの業者選びは慎重に行わなくてはならないものとなっています。

ファクタリング業者による売掛債権の買取相場は業者によって大きく異なることから、場合によっては数万円から数十万円単位で買取金額が変動するケースも珍しくありません。

そのため慎重にファクタリング業者を選ぶことが、より色良い条件で売掛債権を買い取ってもらうコツとなります。




損をしないファクタリング業者の選び方

ファクタリング業者は先ほどご紹介の通り、適当に選んでしまうと物理的に損をしてしまいます。

まず第一に検討すべきポイントは、申し込みをしようとしているファクタリング業者がファクタリング業者の一括査定サイトに加盟していたり、あるいは雑誌などで紹介された実績のある優良ファクタリング会社であるかどうかです。

こういったサイトなどに登録されているファクタリング業者であれば、比較的業者そのもののデータが潤沢な傾向にあり、また実際に利用者からの満足度も高い業者といえるでしょう。

なぜなら一括査定サイトもビジネスとして運営されていることがほとんどで、悪徳ファクタリング業者を加盟させているとユーザーからのクレーム対応が必要になったり、ユーザーの満足度低下につながってしまうことから、このようなサイトは排斥される傾向にあるからです。


項目別に見る優良ファクタリング業者

また、優良ファクタリング業者の選び方としては「どの部分を最重要視するか」に合わせて業者を選ぶという方法もあります。ファクタリング業者は業者毎に一長一短あるもので、最重要視するポイントにおいて他社よりも秀でている業者を利用するというのが良いでしょう。

ここでは、ファクタリング利用の際に重要視したいポイントについて解説します。



手続きのスピード

まず、急場の資金ショートに対応するためにファクタリングを利用する場合は手続きのスピードをセールスポイントにしているファクタリング業者を選ぶのがよいでしょう。

ファクタリング業者はスピーディーな手続きをPRポイントにしていますが、その中でもさらに具体的に「申し込みから○時間程度で取引が完了する」などとPRしている業者に申し込むのがお勧めです。

こういった業者は実際に手続きのスピードが早い傾向にあります。



手数料

そこまでファクタリングの手続きを急いでいるわけではないものの、手数料を出来る限り抑えて手元に残る資金を多くしたい、という場合にはスピードよりも手数料重視でファクタリング業者を選ぶとよいでしょう。

ファクタリング業者の中にはスピードよりも手数料勝負で営業しているところも存在し、多少手続きに時間がかかるものの、他社に負けないだけの低い手数料率で取引が可能としているケースもあります。

特に大口取引になるとパーセンテージが0.1%変わるだけでも手元に残る金額にすれば大きな変動があるケースもありますので、出来る限り資金を残したい場合には手数料で勝負しているファクタリング業者を選ぶと色良い結果が得られます。




買取金額

買取を依頼する金額によって、ファクタリング業者の選び方を変えるというのも一つの戦法です。

いわゆる小口の取引や金額があまり大きくない取引に関しては、大口専門のファクタリング業者に持ち込むと手数料を高めに設定されるケースがあります。

これは手数料を引き上げなければ大口専門のファクタリング業者にとって「旨味」のない案件であることを意味しており、知名度や安心感があるファクタリング業者だからといって、大口専門のところに常にファクタリングを依頼するというのは考えものです。

ファクタリング業者にもそれぞれ守備範囲というものがありますので、金額に応じて小口債権であれば小口の対応実績が豊富なファクタリング業者へ、1,000万円以上など大口のファクタリング取引であれば、大口専門の業者へ持ち込むのが一番買取金額をアップさせることができるといってよいでしょう。




今回のまとめ

ファクタリング業者は、選び方によって色良い結果が得られないばかりか損をしてしまう可能性すらあります。特にどのポイントを重視するかによってファクタリング会社を選ぶと、色良い結果を得ることにつながります。

また、ファクタリング依頼の際は出来る限り「相見積もり」をとって一番条件の良いところに申し込むというのもお勧めの方法です。

ファクタリング業者の一括査定サービスを利用することにより、労力をかけることなく最も条件の良いファクタリング業者に売掛債権を買い取ってもらうことが可能です。