検索条件 -  (社間:3社間)

九州ファクター

九州・沖縄

2社間

3社間

弊社では法人様だけではなく個人事業主様でもご利用可能です。法人と比較して資金調達手段が少ないと言える個人事業主の健全な経営をサポートいたします。売掛先倒産リスクを含めて買取させて頂

ファクタリングZERO

九州・沖縄

2社間

3社間

資金調達のお悩みは売掛金の買取で解決! 乗り換えキャンペーン・LINEでの申し込みも可能

有限会社トラスト・コーポレーション

九州・沖縄

2社間

3社間

九州エリアに特化したサービズで貴社の売掛金を強化買取いたします!

スマートヘッジ株式会社

東京

2社間

3社間

お見積りに必要なものは請求書だけ、最短10分で概算の買取価格と手数料をご提示します。インボイスPay™は、請求書を活用した新しい「スマート」な資金調達の手法です。

株式会社SFキャピタル 中小企業ビジネスサポート

近畿

2社間

3社間

50万円~最高1億円まで売掛金買取いたします。最短即日でスピーディーに資金化が可能です。

株式会社シンキコーポレーション

東京

2社間

3社間

売掛金をすばやく資金化。安心の運転資金調達で事業をサポートします。

株式会社MI Vision

東京

2社間

3社間

ファクタリングサービスは、企業規模や業績などにとらわれることなく、売掛債権さえあれば資金調達が可能です。しかも最短1日。弊社が貴社の売掛債権を買い取らせて頂きますので急な資金調達や

株式会社SIGソリューション

関東

2社間

3社間

SIGソリューションでは売掛金の早期資金化によるキャッシュフローの改善を図ります。必要資金に応じて債権の買い取りをし、売却代金を受け取ることが可能です

株式会社ローカルワークス

東京

3社間

建設業 B to B 取引のキャッシュフローを改善します。建設業では発注者からの入金サイトが長く、キャッシュフローが悪化しがちです。LocalWorksペイメントでは、必要なときに

株式会社ファクタートレーディング Factor Trading

東京

2社間

3社間

株式会社ファクタートレーディングでは、お客様の売掛債権や医療報酬債権、介護報酬債権など、現金化に時間のかかる債権を買い取ることで、迅速な資金調達を実現し、キャッシュフローを改善いた

Page 1 / 13

3社間ファクタリングについて

ファクタリングを利用する際に、即日の資金化が必須ではなく、手数料を抑えたいと考えている企業様の場合は、3社間ファクタリングの利用が推奨されています。3社間ファクタリングを利用する場合、貴社と取引先の間にファクタリング業者が仲介するかたちで間に入り、売掛金のやり取りを行います。3社間ファクタリングを行う際、貴社はファクタリングを行う旨を予め取引先に伝える必要があり、両者の合意のもとでファクタリングが行われることとなります。3社間ファクタリングの場合、取引先からの売掛金の入金前に、ファクタリング業者を通して資金化した売掛金を先に入金してもらうことによって資金調達を行うことが可能です。さらに、3社間ファクタリングの場合、企業様と取引先の合意が取れている状態となります。そのため、ファクタリング業者側としても取引を行う会社感での信頼性も高くなり、貸し倒れのリスクも低減することができますし、手数料を押さえることが出来ると言えるでしょう。ただし、ファクタリングを行いたい企業側としては、取引先企業に対して合意を得なくてはならないため、2社間ファクタリングと比べると、取引先への確認にある程度の時間を要することにはなります。3社間ファクタリングにかかる期間の目安としては取引を行うファクタリング業者によりますが、数日から一週間ほどがおおよそのラインとなります。金融機関からの融資と比べれば早く資金調達は可能となりますし、銀行の審査と比較すると、ファクタリングの方が審査も通りやすい面が大きいものとなります。即日融資が難しいものの、手数料が押さえることが出来るというのが3社間ファクタリングの最大のメリットではありますが、デメリットもあります。まず、取引先に対してファクタリングを行うことを伝える点がネックとなります。特に、ファクタリングを希望する企業様が中小企業や個人事業主といった小規模な企業で、取引先が親企業や大企業である場合、ファクタリングの要望を受けた取引先側としては、会社の資金繰りが上手くいっていないのではないかという懸念が生じてしまいがちです。そのため、今後の取引をストップされてしまう可能性もあります。3社間ファクタリングを利用するかどうかはこれまでの関係値や状況に応じて、慎重に判断しなければなりません。また、3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングと比較すると、やり取りや手続きが煩雑となってしまうがために、審査も2社間ファクタリングと比べると通りにくいものとなっています。過去の会社の財務状況や取引状況にも依存するため、最も利用に適しているファクタリング業者がどこになるか、慎重な選定が必要です。しかしながら、手数料を抑えられることが最大のメリットとなりますし、資金調達の手段に3社間ファクタリングが適しているかどうかの見極めが出来れば、貴社のキャッシュフローの改善にも大きく役立つことでしょう。