ブラックの人がお金を「借りる」「作る」方法

目次

  1. 私はブラック?ブラック状態の目安
  2. ブラックの人でも街金なら借りれる?
  3. 経営側のメリット
  4. 従業員側のメリット
  5. おすすめの給与前払いサービスは?
  6. まとめ





私はブラック?ブラック状態の目安

カードローンやキャッシング関係の業界に「ブラックリスト」という言葉があります。借金を経験されたことがある方ならこのブラックリストという言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。しかし、ご自身がブラックかどうかを判定するのはまた難しいものです。

借金があり、その支払いが一度でも遅れていればブラックリストなのか?といえば決してそうではありません。

また、ブラックリストという実物のリストがあるわけでもありません。これはよく勘違いされるのですが、国の公的な情報として多重債務者の情報が共有されるのはブラックリストではなく、自己破産者などを法的に公開した「官報」というものです。

業界でいわれるところのブラック状態というのは、ある一定の状態を満たすことで発生します。

目安としては、現在のところ2つから3つ以上の会社からお金を借りており、そのそれぞれの毎月の支払いが連続して2回から3回以上遅れてしまっている状態になると、ブラック状態と呼ばれる状態に入ってしまいます。

仕組みを説明すると、これだけの期間支払いが正常に行えない状態になると、金融業者各社は個人信用情報機関というところに「このお客様から連続して一定期間の入金や返済がなかったため、金融事故状態となりました」と報告を入れるのです。

この情報が個人信用情報に掲載されることにより、各社とも新規の貸付などを停止したり「返済能力なし」とみなして審査のテーブルにすらあげないような状態になります。

もう一つ、ブラックリストと呼ばれる状態に「申し込みブラック」というものがあります。

こちらは単純に「お金を貸して欲しい」または「キャッシングの契約を行いたい」と連続して申し込みをし、3件以上の業者から連続して断られたことによって「他者がこれだけ断っているなら、うちも貸付を行いをない方が賢明だろう」ということで自動的に申し込みを却下するような状態です。

前者のブラック状態は、返済を行うか、法的な債務整理を行って一定の期間が経過しなければ解消されませんが、申し込みブラックの状態であれば、最後に申し込みをしてから半年程度の時間を空けることによって解消されます。

いずれにしてもブラック状態になると、お金を新規に借りたりカードローンの増額などを望むことはできなくなります。同様に、クレジットカードも審査結果はかなり厳しいものが予想されます。




ブラックの人でも街金なら借りれる?

カードローンやキャッシングは何も大手の消費者金融や銀行などの金融機関が行うものだけではありません。地域に密着して営業している中小規模の消費者金融、いわゆる街金でもお金を借りることは可能です。

そしてブラックリストの人は街金ならお金を借りることができるのでしょうか?よくブラックでも融資しますなどという広告が電柱に貼ってあったりしますが、これは間違いです。

ブラックの人でも審査せずにお金を貸しますというのは街金ではなく闇金で、違法操業をしている業者ということになりますので注意が必要です。

街金といえども消費者金融業者はきちんと貸金業の認可を受けて営業していますので、必ず申し込みがあった人については「どのような借り入れ状況か」個人信用情報を確認しなければなりません。

その上で、返済リスクがないと判断した場合や、当社なら確実に焦げ付いても回収ができると踏んだ場合のみ貸付を行うことがあります。これがブラックでも街金なら借りれるという話の真相です。

つまり、ブラックリスト状態になっているからといって、借り入れが全くできないというわけではないのです。あくまでも個人信用情報を確認した上で、最終的な判断は各金融業者に委ねられるというのが現状なのですが、多くの場合は回収リスクがあることを最も嫌いますので、借り入れができないということになるわけです。



経営側のメリット

経営者側のメリットとしては給与前払いを導入することにより、社員の満足度を向上させることが可能となります。社員の満足度が高ければそれだけモチベーションアップにつながり、会社の益々の業績向上や発展を期待することもできるでしょう。また、社員の満足度が高い状態を維持できるということはそれだけ社員の退職理由が減少しますので、人材の流出を防止することにもつながります。



ブラックOKのクレジットカードはウソ!?

ブラックOKのクレジットカードがあるとインターネットの広告で見たことがある方もいらっしゃるでしょう。

多くの場合は、消費者金融大手のアコムが提供しているアコムマスターカードの広告記事だったりしますが、アコムのマスターカードはあくまでもアコムの消費者金融としての借入枠をクレジットカードとして使わせるということですので、その審査基準はアコムの審査基準ということになります。

もちろん、一般的なクレジットカード会社よりもはるかに緩やかなのは間違いありません。

しかし、最低限でもアコムの審査基準で審査が行われることになります。そのため、ブラック状態だと原則的に借り入れができないアコムではクレジットカードの審査にも通過することができません。



ブラック流・お金の作り方

このようにブラック状態になってしまうと、何かと貸金業者からお金を借りることでお金を作ることはできなくなってしまいます。そこでここでは「ブラック流」のお金の作り方についてご紹介していきます。

家族に借りる

貸金業者にお金を借りようとするから審査に通過できないのであって、家族に借りる分には問題はないはずです。困った時には、家族にまず相談してみるというのも一つの方法ではないでしょうか。
すでに親からお金を借りてしまっているという人もいらっしゃるかもしれませんが、一度あたってみるだけ当たってみるという選択肢をお勧めします。

個人に借りる

親戚や知人と友人などからお金を借りるという方法もあるでしょう。しかしこれはあまりにも高額な借り入れになると後々金銭トラブルに発展することが考えられるため、その場しのぎの数万円単位のお金を借りるくらいにしておいた方が良いでしょう。

また、貸金業者については最低でも、回収に「ルール」というものがあります。そのため身体に危険が及ぶということはほとんどありませんが、個人はお金を回収することにおいて法律的なガイドラインもなければ、禁止事項も貸金業者ほど厳しくはありませんので、思わぬトラブルに遭遇する可能性があります。

不用品を売る

借金をする以外の方法でお金を急いで作るとなると、不用品を売る断捨離がおすすめです回るとはいうものの、不用品を売っても二束三文にしかならないというケースもあるでしょうし、どうしても売り払いたくないものもあるのではないでしょうか。

不用品を売却する場合は、例えば古い壺や掛け軸など、骨董的価値のありそうなものやアンティーク風のものは一度リサイクルショップではなく骨董商に持ち込んでみるというのもオススメです。

こうすることで思わぬ高値がついて売却できるケースもあります。また、不用品を売却することが難しい場合は質屋に預け入れてお金を借りるという方法もあります。

債務整理をする

これはどちらかというとお金を作るというより時間を作る方法ですが、督促がものすごい勢いで来ている場合は債務整理をすることをお勧めします。任意整理などの方法を取ることによって、弁護士さんと契約をしたその日のうちに全ての督促業務がストップします。電話一本かかってこなくなりますので、まずは気持ちを落ち着けてから新たな一歩を踏み出すことができるようになるでしょう。

給料前借りをする

督促がストップしたところで手元に現金がなければ、生活をしていくことができません。そこで、今働いている会社に対して「給料前借り」を頼むという方法があります。給料の前借りお願いすることによってて本来であれば翌月以降に入ってくるお金を手元に置くことができますので、精神的な余裕も出来ますし、最低限の支払いも行うことができます。

給料前借りNGでも諦めないで!ファクタリングの使い方
給料前借りができれば一番良いのですが、どうしても給料前借りの制度そのものがなかったりと、様々な事情で会社から前借りをOKしてもらえなかったというケースもあるのではないでしょうか。そんな時には、ファクタリングを使ってみましょう。

給料ファクタリングというサービスが最近人気です。
ブラックの人でも給与ファクタリングはお金を借りるという契約ではないため、金融機関のローン審査のような厳しい基準はなく、給料の一部を手数料を支払った上ですぐにでも現金化することが可能です。

気になる方は一度給料ファクタリングで検索するか、当サイトでもご紹介している給料ファクタリング会社の紹介を見てみましょう。

キャリア決済枠の換金はOK?
お金がないときにはついつい様々なグレーな方法に手を出してしまいがちですが、その中の筆頭格ともいえる存在が、携帯キャリア枠の現金化です。

これは一見するとOKに見えるのですが、クレジットカードの現金化同様、ルール上は禁止事項に定められているため、これを合法的に使うことはできません。

また、キャリア決済枠を換金しようとすると70%や60%、あるいは半分以下になってしまうなどで実際の枠に対して手元に入ってくる現金がかなり目減りしてしまうというデメリットも存在します。

最近は各通信会社が規制を実施していることもあって、キャリア決済枠を現金化するメリットがほとんどなくなってしまっていますが、万が一キャリア決済枠の現金化行為などが発覚した際には携帯回線の停止や、携帯回線そのものの契約解除になってしまっても文句は言えません。



今回のまとめ

ブラックリストに入ってしまっている人でも、個人信用情報がボロボロの人でも、お金を作ることはこのようにいくらかの方法で可能です。そして時に、それらの方法は生活をより良い方向に導いてくれるとも言えます。

しかし、ブラックリストに入ってしまっているので調達できるお金はそこまで多くはないのが特徴です。またグレーな方法に手を出すと今後の生活に大きな支障が出る可能性があるので、絶対にやめましょう。そこで総合的にオススメしたいのは給与ファクタリングによって未来の自分からお金を借りるという方法です。これによってある程度まとまった金額を手に入れることができますので、そこから生活を立て直すことができるでしょう。