労使双方の課題を解決する「給与前払いサービス」について解説!経営者側のニーズも満たすって本当?

目次

  1. 給与前払いサービスとは?
  2. 給与前払いのメリット
  3. 経営側のメリット
  4. 従業員側のメリット
  5. おすすめの給与前払いサービスは?
  6. まとめ


企業経営者にとって、優秀な人材の確保と優秀な人材の流出防止は経営上の至上命題といっても過言ではないほど重要な課題の一つです。

そして、人材の確保や流出防止に務める上で検討したいのが「給与の前払い」です。

ここでは、自社のスキームや手続きを大きく変更することなく給与前払いを社員に提供できる「給与前払いサービス」について解説していきます。



給与前払いサービスとは?

給与前払いサービスとは、端的に解説すると通常月1度の給料日に社員に対して給与を支払うわけですが、これを日払いや週払いに切り替えることで従業員の資金繰りや資金サイクルに関する多様なニーズに対応することができるというものです。

従業員にも様々な事情がありますから、場合によっては毎月一度の給料日まで待つことができない、今すぐにでも給与の前払いを受けたいと思っているケースもあるでしょう。

事実、会社によってはいわゆる給与の前払いや「前給制度」を福利厚生の一環として導入しているケースもありますが、外部サービスに任せず全てを内製化してしまうと給与前払いにも様々な経理上の手続きや手間が発生してしまい、これでは工数がかかりすぎてしまうということもあるでしょう。

このように業務を圧迫するなどの理由から給与前払い制度の導入に踏み切ることができない経営者も非常に多く、これが元となり人材の流出に繋がってしまうリスクもあります。




給与前払いのメリット

給与前払いには、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?経営者側にも実はメリットがあります。ここでは経営者側と従業員側、それぞれの給与前払いに対するメリットを解説します。




経営側のメリット

経営者側のメリットとしては給与前払いを導入することにより、社員の満足度を向上せることが可能となります。社員の満足度が高ければそれだけモチベーションアップにつながり、会社の益々の業績向上や発展を期待することもできるでしょう。また、社員の満足度が高い状態を維持できるということはそれだけ社員の退職理由が減少しますので、人材の流出を防止することにもつながります。。




従業員側のメリット

対する従業員側の給与前払いに対するメリットにはどのようなものがあるでしょうか。これも一番大きなものとして、給与支払日まで待たずとも即座に必要な部分だけの前借りを受けられる、というポイントがあります。

従業員の中には家族がいるものもありますし、業務時間外に突発的な事故や冠婚葬祭などで「入り用」になるというケースもあります。そういった突発的な事象に対応することができないとなると、従業員のモチベーションや生産性も低下することが懸念されますが、給与前払いサービスを全社的に導入しておくことにより、こういった資金繰りに関する悩みを従業員が持たなくてもよいということになります。

これにより、従業員はますます会社の業務に注力することができるようになるというわけです。

また、このように給与前払いサービスを導入することにより週払い・日払いなど給料支払いに関して柔軟に対応してもらえる企業である、という情報が広く共有され、求人の部分でも色良い結果を見ることが可能となります。



おすすめの給与前払いサービスは?

前払いサービスは、昨今外注化することがトレンドです。最近はいわゆるフィンテックという業務領域の企業が多数設立されており、これに伴い給与前払いサービスも外注化することが可能となりました。また、様々な給与前払いサービスに関連するプロダクトがリリースされていることから、経営者側はそれぞれ自社にマッチする給与前払いサービスの導入を検討できるようになりました。

最近人気の給与前払いサービスは、従業員側の利用手数料が無料となっているものや、あるいはコンビニのATMなどから給与前借りサービスを利用できるものなど、利便性が極めて高いのが特徴です。

また、経営者側から見ても、給与前払いサービスを導入する際に勤怠管理機能を併せ持つサービスを利用することが可能となっており、これにより勤怠管理と入出金の管理を連動させることが可能です。つまり経理上も煩わしい手続きなどなしに週払いや日払いなどに柔軟に対応することが可能となります。



今回のまとめ

給与前払い制度は、一見すると従業員にのみメリットがあるようなサービスに見えます。
しかし、給与前払いは経営者側にもメリットの多い制度であることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

また、今回ご紹介したような給与前払いサービスを利用することにより、労使ともに利便性の高い給与前払い制度を会社に導入することが可能です。サービスの利用に伴い手数料が発生するケースがほとんどですが、こちらも福利厚生の一環と考えれば先行投資として検討するに値するコストといえるでしょう。