ファクタリングが適切なのはどんな時?資金調達のファクタリングが適した状況をケーススタディで解説

目次

  1. ファクタリングが必要なのは資金が今すぐ欲しい時
  2. 物理的にローンの審査に通過できない場合にはファクタリングが有効
  3. まとめ


銀行などの金融機関の融資以外に、資金調達をする有効な方法としてファクタリングが近年注目されています。

しかしこのファクタリング、適切なのはどのようなタイミングなのでしょうか?銀行融資の方が有利なタイミングもあるのでしょうか。

ここでは、資金調達のファクタリングが適している状況をケーススタディーで解説していきます。


ファクタリングが必要なのは資金が今すぐ欲しい時

一般的にファクタリングは銀行融資よりも時間をかけず即座に資金を現金化することが可能です。

正確に言うと、銀行融資はそもそも様々な経営上の実績などの担保を元に銀行からお金を借りるという作業になりますので、審査や契約に多くの時間を必要とします。

しかし、ファクタリングは現在自社で持っている売掛債権を買い取ってもらうというタイプの契約になりますので、銀行融資ほど慎重な審査や手続きの時間は必要ありません。

そのため今すぐ資金が欲しい時には、多少手数料を支払ってでもファクタリング契約で売掛債権を現金化するというのが適切な行動と言えるでしょう。

資金が今すぐに必要なタイミングにも様々ありますが、

・すぐにでも納税をしなければならない時
・様々な事情で銀行の口座に一定以上の金額がないとならないタイミング
・大きな仕事が入ってきて一時的に持ち出しで大きい金額を動かさなければならない場合

このようなタイミングでは銀行の審査は待っていられませんので、すぐにでもファクタリングの手続きを検討すべきといえます。

ファクタリングは、申し込みから実際に契約を締結し、資金が申込者の手元に来るまでほとんどリードタイムがないという特徴があります。

銀行融資の場合は申し込みから融資の実行まで数ヶ月単位で時間がかかるものですが、それと比較するとほぼ比較にならないほど素早い資金調達がファクタリングでは可能です。

具体的には申し込みから早ければ即日契約成立というファクタリング会社も存在します。




物理的にローンの審査に通過できない場合にはファクタリングが有効

資金調達の方法には一般的に銀行のローンやビジネスローンの契約、そしてファクタリングなどがありますが、この銀行ローンやビジネスローンは法人としての信用並びに代表者個人の信用状況などによっては契約ができないケースがあります。

いわゆる業績不振によって銀行の審査が通らないというケースです。

このような場合にはお金を借りるという選択肢で資金調達をすることはほぼ不可能となりますので、銀行を探して歩くよりもファクタリングで今持っている売掛債権を現金化する方が良いでしょう。

そうすることで遥かにスピーディーで、遥かに早く胃の痛みから解放されます。

ファクタリングにも審査はありますが、多くの場合審査の対象となるのは主に売掛先の企業であって申し込みをする企業ではありません。

ファクタリングは申し込みをする企業の財務状況が悪いことによって一律に審査を断られることがほぼありませんので、まずは恐れずにファクタリングの申し込みをしてみるのが重要です。

<金融機関融資とファクタリングの違い>

項目 金融機関融資 ファクタリング
審査難易度 厳しい/主に自社が審査対象 優しい/主に売掛先が審査対象
金利 発生する 発生しない(手数料のみ発生)
着金までの期間 数ヶ月以上 最短数日程度



今回のまとめ

物理的にローンの審査に通過できない場合にはファクタリングが有効

ファクタリングの利用が適しているのは、主に会社に今すぐにでも現金を入れなければならないタイミングです。またもう一つ大きな利用タイミングとしては、会社の業績の関係で金融機関の融資審査が通らないという場合になります。どちらの場合でもファクタリングは主な審査対象が売掛先企業となっており、実際に現金が手元に来るのも大変スピーディーです。